ラボグロウンダイヤモンドとは? 天然ダイヤモンドとの違いなどを徹底解説

laboratory-grown-diamond

ラボグロウンダイヤモンドという新しい宝石が近年になって注目を集めています。

美しい輝きを持つ上に価格も安い、そして倫理的にも優れている宝石です。

名だたるジュエリーメーカーが、続々とラボグロウンダイヤモンド市場へ参入し、大きな盛り上がりを見せています。

ジュエリーが大好きな人は、ラボグロウンダイヤモンドという名前だけでも聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかしラボグロウンダイヤモンドが具体的にどういうものなのか、詳しく知っている人は少ないでしょう。

本記事では、ラボグロウンダイヤモンドの特徴や価格、販売店などについて徹底的に解説します。

ラボグロウンダイヤモンドとは? 天然物とはどう違うの?

laboratory-grown-diamond-01

まずは、そもそもラボグロウンダイヤモンドとは何なのか、説明する必要があります。

日本では、まだラボグロウンダイヤモンドは一般的に普及していないので、業界人でもなければ詳しく知る人は少ないでしょう。

ラボグロウンダイヤモンドは、一言で言えば、色々な意味で革新的なジュエリーです。

今までダイヤモンドを作るためには、採取採掘したダイヤモンドの原石を加工するしか方法がありませんでした。

対してラボグロウンダイヤモンドは、人の手で作ることができるダイヤモンドです。

下記では、ラボグロウンダイヤモンドの特徴や天然ダイヤモンドとの違いなどについて詳しく解説します。

ラボグロウンダイヤモンドの名前の由来

laboratory-grown-diamond-02

ラボグロウンダイヤモンドは、Laboratory grown Diamond(研究所で作られたダイヤモンド)という言葉に由来します。

厳密には工場などでも作られますが、ラボグロウンダイヤモンドの技術が確立されたころは研究所で作られていたので、この呼び名になりました。

地中から採取される天然(Natural)のダイヤモンドとは違って、研究所で作られるから、ラボグロウンダイヤモンドと呼ばれるわけです。

まれにsynthetic diamond(合成ダイヤモンド)という呼ばれ方をすることもあります。

ちなみartificial diamond(人工ダイヤモンド)とは完全に区別されます。

のちほど詳しく説明しますが、ラボグロウンダイヤモンド(合成ダイヤモンド)と人工ダイヤモンドは全くの別物です。

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違い

laboratory-grown-diamond-03

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは、作り方一点のみです。

上記の通り研究所で作られるのがラボグロウンダイヤモンド、自然にできたのが天然ダイヤモンドです。

硬度や密度、炭素だけでできているところ、光の屈折率などは全て同じです。

ちなみにラボグロウンダイヤモンドの作り方は、HPHT(高温高圧法)とCVD(化学気相蒸着法)の二つが主流です。

ラボグロウンダイヤモンドは、人工ダイヤモンドとよく混同されます。

しかし両者の間では決定的な違いがあります。

ラボグロウンダイヤモンドは、上記したように天然ダイヤモンドと全く同じ物質です。

一方で、人工ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドによく似た別の物質です。

したがって、天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドの価格には、大きな違いがあります。

キュービックジルコニアやモアッサナイトとの違い

laboratory-grown-diamond-04

例として、代表的な人工ダイヤモンドのキュービックジルコニア、モアッサナイトと比較してみます。

ラボグロウンダイヤモンドとキュービックジルコニア、モアッサナイトは似て非なるものです。

ラボグロウンダイヤモンドは炭素のみで出来ています。

しかし、キュービックジルコニアはジルコニウムで組成されています。

モアッサナイトを組成しているのも炭素ではなく、炭化ケイ素という物質です。

つまりキュービックジルコニアとモアッサナイトはダイヤモンドに近い輝きを持つ別の宝石です。

化学式や市場価格も、ダイヤモンドとはかけ離れています。

特にキュービックジルコニアとの違いは非常に大きいです。

つまり、ラボグロウンダイヤモンドと上記2種類の宝石の間には、本物のダイヤモンドか否かという違いがあります。

ラボグロウンダイヤモンドの価格はどれくらい? 天然ダイヤモンドとの値段の違い

laboratory-grown-diamond-05

ラボグロウンダイヤモンドに付けられる購入価格は、おおむね天然ダイヤモンドの50%ほどです(相場により変動あり)。

一例を挙げれば、ジュエリーメーカー、デビアスが展開する「Lightbox」はまさに上記通りの購入価格設定をしています。

Lightboxは、ラボグロウンダイヤモンドを1カラット約4,000ドル(約45万円)で提供しています。

一方で天然ダイヤモンドを、1カラット8,000ドル(約90万円)で提供しています。

あくまでも一例であり、時と場合などによってはさらに安い価格で販売されることもあります。

天然ダイヤモンドとの差額分、カラット数を大きくして、より豪華なラボグロウンダイヤモンドアクセサリを購入するという人が多いです。

なぜ世界中のセレブが注目しているのか?

laboratory-grown-diamond-06

ラボグロウンダイヤモンドは、さまざまな理由で、世界中のセレブたちから大きな注目を集めています。

エマ・ワトソンレナ・オリンレオナルド・ディカプリオなどの世界的スターがラボグロウンダイヤモンドを所有しています。

レオナルド・ディカプリオにいたっては、大手ダイヤモンド製造会社「Diamond Foundry」の株式を購入するほど熱を入れています。

そのほかにも有名なハリウッドスターたちの多くが、ラボグロウンダイヤモンドに興味を示しています。

なぜラボグロウンダイヤモンドがセレブリティから注目を集めているのか、詳しく解説します。

天然ダイヤモンドによる紛争を解決できるかもしれない

laboratory-grown-diamond-07

 

ラボグロウンダイヤモンドは、紛争を無くして平和をもたらす可能性を秘めた存在です。

天然ダイヤモンドは、長きにわたって紛争の原因でもあります。

一部の産出国は、天然ダイヤモンド輸出で得た収益を軍事費に充て、戦争を激化させています。

また、天然ダイヤモンドを見返りとして、国や組織が武装勢力に支援しているケースもあります。

上記と同じく紛争が激化されることにつながっています。

上記の事実は、2006年に公開されたドキュメンタリー映画「ブラッド・ダイヤモンド」によって広く知られるようになりました。

現在もブラッド・ダイヤモンドの影響により、世界中でダイヤモンドの在り方について議論が交わされています。

もしラボグロウンダイヤモンドが広く普及すれば、天然ダイヤモンドの価値は下がるかもしれません。

つまり、天然ダイヤモンドが軍事費や武装勢力の資金源にならなくなり、紛争が収まることが期待されているのです。

平和維持の観点からも、ラボグロウンダイヤモンドは注目されています。

上記のような理由から、セレブリティ達はラボグロウンダイヤモンドに注目しています。

セレブリティは平和活動やチャリティーに強い興味を示す傾向があります。

したがって、紛争を解決できる可能性を秘めたラボグロウンダイヤモンドに注目しているというわけです。

ラボグロウンダイヤモンドは自然環境を破壊しない。

laboratory-grown-diamond-08

ラボグロウンダイヤモンドは、環境に重大な影響を与えることはありません。

天然ダイヤモンドとは違い、大規模な採掘作業を必要としないからです。

天然ダイヤモンドは、時として環境の破壊を背景に持っています。

具体的には、森林伐採や地盤沈下の発生などが挙げられます。

また、採掘作業で原石を掘りつくした穴に形成される人工池も深刻な問題です。

採掘業者が放置した採掘穴に雨が溜まり、深い人工池が出来てしまいます。

柵で囲うこともしないので、現地住民にとって危険な存在になっています。

しかし、ラボグロウンダイヤモンドは、冒頭でも示したように研究所で作られる宝石です。

したがって、上記した自然環境破壊、人工池の問題を全て回避することができます。

つまりラボグロウンダイヤモンドは、地球に優しいダイヤモンドなのです。

拡大しつつあるラボグロウンダイヤモンド市場

laboratory-grown-diamond-09

ラボグロウンダイヤモンドの市場は、近年になって大きく広がっています。

すでにダイヤモンド全体の12パーセントのシェアを占めるほどの市場に成長しました。

ダイヤモンド全体の市場価格は、約60億ドルです。

うち6億ドル強をラボグロウンダイヤモンドが占めています。

市場には、スワロフスキーデビアスといった大手ジュエリー企業が続々と参戦しています。

2030年ごろにはラボグロウンダイヤモンドが天然ダイヤモンドの市場規模を超えるとの予測もあります。

ラボグロウンダイヤモンドの市場拡大により、消費者の考え方も変わり始めました。

2016年に取られたアンケートでは、消費者の55%が「結婚指輪にラボグロウンダイヤモンドはあり得ない」と答えました。

しかし2018年に取られた同一のアンケートに対しては、70%が「結婚指輪がラボグラウンダイヤモンドでも良い」と答えています。

ラボグロウンダイヤモンドに対する消費者の考え方の変化は、同市場が著しく成長していることを示しています。

laboratory-grown-diamond-10

他のジュエリー企業の多くも、ラボグロウンダイヤモンド参入に対して積極的です。

今後もラボグロウンダイヤモンドの市場は大きな成長が見込まれます。

不純物を含まない”タイプ 2a”の製造が容易

laboratory-grown-diamond-10

ラボグロウンダイヤモンドは、タイプ2aの製造が容易であることでも知られています。

タイプ2aとは、純粋に炭素のみで組成されたダイヤモンドのことです。

HPHT(高温高圧法)という作り方で、純度の高いダイヤモンドを生成できます。

天然ダイヤ原石は、たいてい、炭素だけでなくわずかに窒素などの不純物が混ざっています。

したがって、基本的に天然ダイヤモンドにも不純物が混ざり込んでしまいます。

もちろん、一切不純物がない、つまりタイプ2aに該当する天然ダイヤモンドもあります。

タイプ2aに該当する天然ダイヤモンドは、全体のうち1%程度しか存在しません。

しかし、ラボグロウンダイヤモンドの製造技術があれば、容易にタイプ2aを作ることが可能です。

既に、ラボグロウンダイヤモンドをメインで取り扱っているDiamond Foundryなどの企業は、それだけの製造技術を備えています。

カラーダイヤモンドも生成可能なラボグロウンダイヤモンド

laboratory-grown-diamond-13

ラボグロウンダイヤモンドは、さきほども触れた、不純物が一切混ざっていないタイプ2aを最も多く世に送り出しています。

取り扱われるラボグロウンダイヤモンドジュエリーは、ほとんどがベーシックなデザインです。

また製造するのが難しいカラーダイヤモンドを多数取り扱っていることでも知られています、

具体的には、レッドやパープル、オレンジなどがラインナップされています。

特にレッドのラボグロウンダイヤモンドは非常に希少性が高いです。

ハリウッドスターをはじめとしてセレブリティでさえ手に入れづらいと言われている希少品です。

ダイヤモンド業界最大手の”デビアス”の参入

laboratory-grown-diamond-12

2018年5月に、天然ダイヤモンド最大手デビアスが、ラボグロウンダイヤモンド市場に参入しました。

デビアスの参入は、世界中を驚かせました。

もちろん、ダイヤモンド業界最大手デビアスが、何か新しい市場を開拓したのであれば大ニュースとなるのは当然です。

しかし、ラボグロウンダイヤモンド市場参入については、別の理由で驚かれました。

なぜなら、デビアスは長年にわたり、ラボグロウンダイヤモンドを取り扱うことに否定的な態度を取っていたからです。

否定的だった意見をくつがえして市場に参入したので、驚かれたというわけです。

デビアスは当初、ラボグロウンダイヤモンドは人工ダイヤモンドであるという見解を示していました。

同時に本物のみ取り扱う我々デビアスが、ラボグロウン(人工)ダイヤモンドを扱うことはないとしていました。

しかし、デビアスは、目覚ましい市場の発展や消費者ニーズを無視することができなかったようです。

2018年5月、デビアスはラボグロウンダイヤモンド専用のブランドLight boxを立ち上げて市場に参入することになります。

デビアスは、ラボグロウンダイヤモンドを本物のダイヤモンドであると認めたわけです。

ただし、ラボグロウンダイヤモンドを本物と認めただけで、人工ダイヤモンドに対しては今もなお否定的な見方をしています。

「デビアス」の「Light box」は安価で購入できる

デビアスは、さきほども触れたようにLight boxというラボグロウンダイヤモンド専門ブランドを展開しています。

Light boxは、天然ダイヤモンドの半値ほどでラボグロウンダイヤモンドが手に入る点で人気を集めています。

各アイテム、優雅な存在感を持っており、デビアスらしい革新的なデザインも健在です。

他の販売メーカーでは打ち出せないファッション性を備えています。

ブランドの立ち上げが2018年5月とつい最近のことなので、ラインナップはまだ狭いです。

しかし今後は、さらに様々なアイテムのリリースが見込まれます。

エンゲージリングなら「Brilliant Earth」

Brilliant Earthは、ラボグロウンダイヤモンドがあしらわれたエンゲージリングを贈る流れを作り出した販売メーカーです。

会社の設立者はとある男女カップルです。

ダイヤモンドのエンゲージリングが値段の問題で気軽に選べないという現状を打破したいという理由で設立されました。

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンド両方を販売しており、見比べながら購入することが可能です。

デザインはややゴージャス路線に傾倒しています。

とはいえ、過度に派手というわけでもなく全体的には落ち着いた印象があります。

ほどよい質感とデザイン性は、エンゲージリングとして最適化されています。

まとめ

laboratory-grown-diamond-14

ラボグロウンダイヤモンドとは、以下の特徴を持つ新しいダイヤモンドです。

  • 研究所で作られるダイヤモンド
  • 作られる過程が違うだけで、天然ダイヤモンドと組成や化学式、光の屈曲率は同じ
  • 名前は「Laboratory grown Diamond(研究所で作られたダイヤモンド)」という英語に由来
  • 天然ダイヤモンドの半分くらいの価格で購入することができる
  • 作り方はHPHT (高温高圧法)とCVD(化学気相蒸着法)が主流
  • 不純物が混ざっていない美しいダイヤモンド(タイプa2)も用意に作ることができる
  • カラーダイヤモンドも作ることができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください