【1月24日発売開始】Tonari no Zingaro KYNE 版画

tonari-no-zingaro-kyne-hanga-2

この記事の信頼性
  • せどり系メディアで最高月間180万PV
  • 日本最大級の転売・せどりオンラインサロン「SLYP」運営
  • 大手メディア「ワールドビジネスサテライト」「FLASH」「グッとラック!」「サンデーステーション」に取り上げられる

今回は「Tonari no Zingaro KYNE 版画」についてです。

2021年1月24日(日)に発売開始です。

結論から言うと、転売価格になるでしょう。

 

KYNE(キネ)は、福岡を拠点とするアーティストです。

最近かなり話題になっていて、直近で発売された作品はどれも転売価格になっています。

直近は、2020年12月14日(月)に発売されました。

tonari-no-zingaro-kyne-hanga【12月14日発売開始】Tonari no Zingaro KYNE 版画

Tonari no Zingaroで発売された作品は、276,700円(税込)→約500,000円の転売価格になっています。

今回も同じくらいの転売価格になることは間違いないです。

必ず応募しましょう。

店舗抽選販売分は友人や家族にも応募してもらって当選確率をあげていきましょう。

「当たったら1万円あげるから応募して!」と言えば必ず協力してくれます笑

【Introduction】
11月15日より、KYNEさんの版画をTonari no Zingaroで販売し始めます。(Webにて抽選予約販売とします)
これはKYNEさんとGallery TARGETと我々Kaikai Kikiとの共同事業で、来年の春にKYNEさんの個展をKaikai Kiki Galleryでやるまでのストーリーラインとしてリリースすることにしました。
KYNEさんは、2006年から登場した肖像画を中心とした作家です。
一見するとJulian Opieや江口寿史さんの作風に似ておりますが、そのコンセプトの裏付けとしては、彼が学んできた日本画の線描、それと福岡という彼の出生の地におけるヤンキー文化、そしてそのヤンキー文化との親和性におけるグラフィティーの世界観、又、プライベートな立場での憧憬と、公的な立場でも拒絶など、複雑な想いが作品に封じ込められています。
彼のアート界での事件は、2019年のアートフェア東京で、Gallery TARGETにて展示した時に、コレクターの皆が開場とともに脱兎の如く走って行って、即完売となったニュースでした。
Gallery TARGETは作品を販売する際に数年間の転売を禁止する縛りの契約をつけており、中々セカンダリーマーケットに本画(本物のペインティングの意味)が出てることがありません。なのでその分版画が急騰してしまい、今版画マーケットでは売値が10〜20万円台だったのが、200〜300万円台にまでなっています。
それは、Gallery TARGETやKYNEさんにおいてもそれほど愉快なことではないとのこと。そこに僕らも関わることで、膨らみきったニーズ、渇ききった喉を潤わせるために、版画を供給してみて、マーケットの安定化、正常化への導線引きをし、且つ本画の価値の意味を問う、ということをやろうとしています。
2020年11月から2021年4月まで、毎月3種ずつリリースして行き、そして、4月にKaikai Kiki Galleryで本画の個展を行うという。このストーリーラインの構築に、御期待下さい。

村上隆(Zingaroより引用)

 

Tonari no Zingaro KYNE 版画

tonari-no-zingaro-kyne-hanga-2

価格 276,700円(税込)

予想転売価格 約500,000円

予想利益 約230,000円

参考価格【メルカリ売り切れ品】

参考価格【ラクマ売り切れ品】

参考価格【ヤフオク!終了品】

転売情報まとめ

〓オンライン販売〓

楽天市場

Yahoo!ショッピング 

Amazon

〓オンライン抽選〓

Tonari no Zingaro 抽選中

CHERRY Fukuoka 2021年1月23日(土)20:00~2021年1月25日(月)12:00抽選

〓発売開始日〓

2021年1月24日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください