【8月2日発売開始】Tonari no Zingaro Mr. 新作版画(直筆サイン入り) “ラムネ色の暑さが去った季節 & 香港の九龍-街歩き-“

tonari-no-zingaro-mr-sinsakuhanga

今回は「Tonari no Zingaro Mr. 新作版画(直筆サイン入り) “ラムネ色の暑さが去った季節 & 香港の九龍-街歩き-“」についてです。

2020年8月2日(日)に発売開始です。

結論から言うと、転売価格になる可能性が高いです。

 

Mr.は、カイカイキキ所属アーティストで女の子のキャラクターの作品で有名なアーティストです。

最近Tonari no Zingaroから作品を販売したので、一気に知名度が上がったのではないでしょうか。

2020年6月23日(火)に発売された加奈-トロピカルブレンド-と真麻-赤い花-は転売価格になりました。

172,400円→約250,000円です。購入できた方はかなりの利益ですね。

 

今回発売される作品は、2万円定価が上がってしまいましたが、十分転売価格になる可能性が高いでしょう。

理由は、2つあります。

  1. 前回の転売価格の高さ。
  2. 直筆サイン入りであること。

全力で狙いましょう。

商品の詳細は8月2日(日)10:00より、Tonari no Zingaro WEBショップにて Mr.の新作版画(直筆サイン入り)「ラムネ色の暑さが去った季節」と「香港の九龍-街歩き-」の販売を行います。をご覧ください。

【最近のMr.人気が凄い!】

最近Mr.人気が沸騰しています。20年以上共に歩んで来たカイカイキキのみんなは驚いているし、なにより作家本人が1番ドギマギしています。「なんでなの?」と。

その人気は不思議なことにパンデミックに突入した頃からヒートアップして来ています。
ひっきり無しに来るコラボ案件。アートオークションでもどんどん記録を更新していって、ペロタンギャラリー、リーマン・モーピン ギャラリーとウチの3つのギャラリーにそれぞれのお客様からの注文もどんどん届いて、ありがたいことだけれども、こなし切れずに2021年以内に完成できなさそうなオーダーはお断りしているような、ちょっと不思議な現象です。

なんで今、Mr.なの?
その理由を考察するに・・・彼の作品の奥底にある彼自身の人生における苦悩と、それを1つ1つ解決しようと努力し続けてきた生き方と無関係では無いと思われます。
一見明るく、ポップな表現の裏側にある、悲哀。悲しすぎる彼の人生の青春時代の物語はここでは語るべきではないのですが、その頃から今に続く苦悩が、よく言う「地金が出」て、彼の人間性が今のこんな時代と同期してしまったんだと思います。
悲しさを知っているが故の現代社会への優しい眼差しが、行き場のない今の人心を救っているのでしょう。
特に今回版画による図案は、アジアの雑駁な街並みを入れ込んだここ2年程展開してきた新シリーズです。激動する時代と共振し続けて来たMr.の心の正直な風景と言えましょう。

流行の作家の作品を見てみようという興味本位の気持ちでもいいです。
その作品をじっと見つめるうちに、彼の悲しいほど優しい人間性に出会ってもらえると思います。
そしてフと気がつくと涙が溢れていることに気がつくハズです。

村上隆 2020年7月25日(Zingaroより引用)

mv-banner

 

Tonari no Zingaro Mr. 新作版画(直筆サイン入り) “ラムネ色の暑さが去った季節 & 香港の九龍-街歩き-“

tonari-no-zingaro-mr-sinsakuhanga

価格 172,400円(税込)

予想転売価格 約250,000円

予想利益 約80,000円

参考価格【メルカリ売り切れ品】

参考価格【ラクマ売り切れ品】

参考価格【ヤフオク!終了品】

販売情報まとめ

〓オンライン販売〓

Tonari no Zingaro WEB SHOP 2020年8月2日(日)10:00発売開始

楽天市場

Amazon

Yahoo!ショッピング 

〓発売開始日〓

2020年8月2日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください