【6月13日抽選締切】Javier Calleja(ハビア・カジェハ)「MR.GÜNTER, THE CAT SHOW」

この記事の信頼性
  • 【総入会者数1000人以上】日本最大級の転売・せどり専門オンラインサロン「SLYP」運営
  • 公式Twitter「黒崎誠@転売・せどりオンラインサロン運営」フォロワー17,000人以上
  • 転売・せどり系メディア「黒崎誠の転売スクール」で合計2600万PV
  • 大手メディア「ワールドビジネスサテライト」「FLASH」「グッとラック!」「サンデーステーション」「週刊FRIDAY」に取り上げられる

今回は「Javier Calleja(ハビア・カジェハ)「MR.GÜNTER, THE CAT SHOW」」についてです。

2022年6月11日(土)12:00~2022年6月13日(月)23:59の間に抽選が行われます。

結論から言うと、転売価格になるでしょう。

 

PARCO MUSEUM TOKYO SHIBUYAでスペイン人アーティストのJavier Calleja(ハビア・カジェハ)の展覧会「MR.GÜNTER, THE CAT SHOW」(ミスター・ギュンター 、ザ・キャット・ショー)が開催されます。

今回の展覧会開催を記念して、Edition Sofubi 「Heads (ver.2)」その他展覧会記念商品を、PARCO MUSEUM TOKYO店頭にて販売されます。

こちらの第1弾はすでに転売価格で取引されているので、今回の第2弾も期待できそうです。

入場料800円かかりますが、当たれば爆利益なので必ず応募しましょう。

カジェハの作品は、日常生活のさまざまな出来事に驚きとユーモアを与える様々なトリックに満ち溢れています。シュールレアリスムの巨匠ルネ・マグリッドや奈良美智、クリス・ヨハンソンの作品のファンだと公言するカジェハは、その手法を参考にしながら現代を生きる私たちの肖像を大きな目で描きます。色彩の変化、設定シーンの転換、表情とテキストの関係などは、特にカジェハが注意深く扱うポイントです。また、キャラクター化する事によって強調された人物像や、画中に描かれたテキストとの相関関係によって鑑賞者が自ずと読み出すようなストーリーの設定も、カジェハが仕掛けた罠の一つです。 コロナ禍に見舞われた世界の中においても、カジェハの作品は、より一層人々を魅了し続けています。そこには、困難に対してもウィットに富んだ発想力で向き合い、人生のあらゆる営みを前向きに捉えようとするアーティストへの共感があります。

本展の主人公「MR.GÜNTER」は、ハビア・カジェハとそのパートナーであるアリシア・マルモルの愛猫です。本展「THE CAT SHOW」は、カジェハの展覧会を自由に歩き回るギュンターを中心に、日本では未発表の大型の木彫立体作品2点の他、新作のペンティング、ドローイングを含めた選りすぐりの作品たちが、会場全体を使ったインスタレーションとして構成されます。また、パルコの公園通り側エントランスには、巨大化したギュンターがパブリックアートとして、皆さんを出迎えます。

本展に寄せてカジェハは次のようにコメントをしています。

「日本の皆さんに、私たちの大事な家族であるギュンターを紹介できることをとても嬉しく思っています。」

本展を通して、随所に登場するイタズラ好きで人懐っこいギュンターを、皆さんにお楽しみ頂ければ幸いです。(PARCO ARTより引用)

Javier Calleja(ハビア・カジェハ)「MR.GÜNTER, THE CAT SHOW」


  • 価格 99,000円(税込)
  • 予想転売価格 ?円
  • 予想利益 ?円

転売速報情報まとめ

〓オンライン販売〓

Yahoo!ショッピング

楽天市場

Amazon

〓オンライン抽選〓

PARCO MUSEUM TOKYO SHIBUYA 2022年6月11日(土)12:00~2022年6月13日(月)23:59抽選

PARCO MUSEUM TOKYO 2022年7月1日(金)18:00~2022年7月3日(日)23:59抽選

〓発売開始日〓

2022年6月11日(土)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください